HOME>イチオシ情報>香典返しってどんな意味があるの?カタログギフトが便利な理由

香典返しってどんな意味があるの?カタログギフトが便利な理由

カタログ

葬儀に来てくれた人に対するお返し

香典返しとは、葬儀に来てくれた人に対し、お礼を込めたお返しをすることです。忌明けから1ヶ月以内に行うのがしきたりとなっており、香典返しの品だけではなく、挨拶状を添えるのも習わしです。贈る品物の金額は、香典の半額が相場となっています。しかし、近年では忌明けを待たず、初七日にお返しをするなど、異なるスタイルで行う人もいます。香典返しにはタブーがあり、形に残るものではなく、使って残らないものを贈るのがマナーとなります。不祝儀は残らないものが良いとの習わしがあるため、タオルや洗剤、お茶などが一般的に選ばれています。そのため、近年はカタログギフトを贈る人も増えており、贈る側にとっても、贈られる側にとっても便利だと好評です。

冊子

いろんな人に合わせたお返しができる

香典返しをカタログギフトにするメリットは、色んな人に合わせたお返しができることです。カタログギフトには、お返しとしてふさわしい品物がのっているため、贈られた人は自分の好みのものを選べます。消えものであっても、お酒や肉、魚を直接お返しすることはマナー違反となります。しかし、贈られた人がカタログギフトの中に載っているお酒や肉を注文しても、マナー違反とはとられません。また、お金をお返しするのも、マナーに反するとされますが、カタログギフトは様々な価格帯のものが用意されているため、それぞれの値段に合ったものをお返しできます。マナーに乗っ取ったやり方で、一人一人に合わせたお返しができるのが、魅力といえるでしょう。

カテゴリ一覧